話題のハーブ『センシンレン』っていったいどんなものなの?

sponsor

最近話題のセンシンレンってどんなハーブ?

みなさん「センシンレン」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。
恐らくまだ聞いたことのない人の方が多いかもしれませんね。

センシンレン(穿心蓮)とは古くから中国やインドに伝わるハーブの一種になります。
また腰痛が酷いけど病院で治療するほどでないが、その場合はマッサージかな?等のように、身体の不調の事で悩んでいる方は非常に多いと思いますが、同じようのどこに行ったらいいのか悩んでいる方も多いと思います。

ちなみにセンシンレン(穿心蓮)とは和名のことであり、本来は「アンドログラフィス」と呼ばれる事が多いです。
そんなセンシンレンについての、近年の研究や検証から様々な効果効能があるとわかってきましたので、順番に説明していきます。

センシンレンの効果があるといわれている病気や症状について

センシンレンには色々な力があることが分かってきましたが、古くから民間療法でも使用されてきたハーブです。
実際にどのような症状の時に力を発揮するといわれているのでしょうか。

まずよく言われるのが癌に力を発揮すると言われていることです。
癌に効くというと、逆に不信感を抱かれる方も多いでしょう。
癌に効くと言われだしたのは、近年の研究結果によります。
センシンレンに含まれる「アンドログラフォリド」という成分は、リンパ系を活性化し、基礎 体温を上昇させ、インターフェロンというウイルスに対抗できるよう働く物質を放出し、 白血球の働きを高めて免疫機能を増強させることが研究結果から明らかになっております。
まだ基礎研究の段階ですが、このような研究結果から癌に効くと言われだしました。
アメリカの国立がんセンターではセンシンレンを推奨ハーブとしてピックアップしているという事実もあります。

がん細胞は35度台の体温で活性化します。
基礎体温を上げることで、がん細胞が活発に活動できなくなるとも言われています。
基礎体温を向上させてくれる力のあるセンシンレンは、それだけでも癌を活性化させにくくしてくれる可能性が高いとも言えます。

また、基礎体温を向上させ、免疫機構を上げることでその他の様々な病気を寄せ付けにくくする可能性も高めてくれます。
元々アーユルヴェーダでは抗炎症薬や風邪薬として処方されていたハーブです。
中国の保健省では、インフルエンザの薬として使用することを推奨しています。
ハーブを煎じて飲むことで、全身にいきわたり、身体の様々な部分に力を発揮してくれます。

しかしながら、日本ではセンシンレンが育つ土壌があまりありません。
どうやって摂取すればいいかと考えられる方も多いかと思います。
日本ではそんなセンシンレンを使用したサプリメントが販売されており、今注目されている成分の1つになります。
なかなか手に入りにくいセンシンレンですが、サプリメントで効率的に摂取してくださいね。


オススメのセンシンレンサプリメントはこちら!

安定したアンドログラフォリドを含むセンシンレンエキスで作られたサプリメント!
1日4粒で病気などを寄せ付けにくいカラダづくりを目指してください!

 

タイトルとURLをコピーしました