話題のハーブ『センシンレン』っていったいどんなものなの?

最近話題のセンシンレンってどんなハーブ?

みなさん「センシンレン」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。
恐らくまだ聞いたことのない人の方が多いかもしれませんね。

センシンレン(穿心蓮)とは古くから中国やインドに伝わるハーブの一種になります。
インドでは古くからアーユルヴェーダで使用されてきたり、東南アジアや欧米諸国では民間療法で使われてきました。

ちなみにセンシンレン(穿心蓮)とは和名のことであり、本来は「アンドログラフィス」と呼ばれる事が多いです。

センシンレンの特徴とどのような歴史があるの?

センシンレンは、近年の様々な研究から色々な力があることが分かってきましたが、古くから民間療法で使用されてきたハーブです。
煎じて飲まれたり、直接肌に貼ったりして使用されてきました。
欧米では『King of bitter(苦味の王様)』と呼ばれているくらいとても苦いハーブなので、どうしても飲めないという方もいらっしゃるかもしれませんが、古くから活用されてきたのは事実です。

しかしながら、日本ではセンシンレンが育つ土壌があまりありません。
沖縄の一部ではセンシンレンを栽培している農家もあるようですが、気候や土壌でなかなか育ちにくいと言われています。
そのため種も入手が難しく、一般的になりにくかったのでしょう。
そんなセンシンレンですが、そのような状況ですのでどうやって摂取すればいいかと考えられる方も多いかと思います。
日本ではセンシンレンを使用したサプリメントが販売されており、今注目されている成分の1つになります。
なかなか手に入りにくいセンシンレンですが、サプリメントで効率的に摂取してくださいね。

センシンレンはいわゆるハーブですので、薬と同じような働きがあるわけではありませんが、様々な研究結果も出ており、欧米諸国ではミラクルハーブとも言われるくらい注目度が高まっています。
サプリによっては、肝臓や腎臓に負担をかけるようなものもありますが、センシンレンはそういった不安はないようです。

現在様々な研究が進められ、その力が少しずつ明らかになっているセンシンレン。
話題のハーブ・センシンレンを日々の生活に是非取り入れてみてくださいね。


オススメのセンシンレンサプリメントはこちら!

安定したアンドログラフォリドを含むセンシンレンエキスで作られたサプリメント!
1日4粒でOK!コスパも抜群ですよ!

 

タイトルとURLをコピーしました