世界三大オイルのひとつ『カメリアオイル』のポテンシャルがすごい!

sponsor

世界三大オイルっていったいどんなオイルなの?

皆様は世界三大オイルをご存じでしょうか。
世界三大オイルとは、『ホホバオイル』『オリーブオイル』『カメリアオイル』のことです。
ホホバやオリーブはよく聞くけれど、カメリアオイルって何?と思われる方がいらっしゃるかもしれません。
カメリア=椿オイル。
実は日本人にとっては古くからとてもなじみ深いオイルなのです。
歴史を紐解くと、777年に渤海国使が帰るときにお土産として贈ったという記述があるくらい古くから親しまれてきたオイルなのです。
そんなオイルがいま世界中で話題!
どうして人気があるのかをチェックしていきましょう♪

日本人だけが知らないカメリアオイルの実力って?

ある時、アメリカの友人から、
「妊娠線ケアにカメリアオイルが欲しいのだけど、こちらでは価格も高いしなかなか手に入らなくて。
日本では安く手に入らない?」
と連絡がありました。
カメリアオイル?と思い調べてみると椿オイルのことだと判明。
ヘアケア用に使っているものがありましたが、これが妊娠線予防に使えるとはわからなかったので、再度調べてみると、イギリスのメーカーから妊娠線ケアとしてのカメリアオイルが販売されているのがわかりました。
カメリアオイルには妊娠線ケアだけでなく、スキンケアとしても食用としても万能のオイルだということを、その時に初めて知ることができました。

カメリアオイルの特徴と効果効能って?

カメリアオイルは85%以上がオレイン酸でできているため、保湿力が抗酸化に優れていると言われます。また、美容に嬉しい効果はそれだけじゃありません。

■皮膚を柔らかくする

妊娠線ケアに適しているのはこの効果で、肌を柔らかくしてターンオーバーを正常化してくれます。

■紫外線に強い

オイルでありながらUVケアとして使えます。紫外線による乾燥・しみ・しわなどのトラブル対策にもピッタリです。

■殺菌作用

サポニンという成分による殺菌作用で、ニキビケアとしても有用です。

■汚れを取り除く

皮脂の汚れを浮かして取り除き、オイルの栄養分は肌へと吸収されるので、顔や頭皮のクレンジングにも最適です。

カメリアオイルは体の内外に、くまなく使える万能オイル

カメリアオイルは頭からつま先まで、全身に使うことができます。
ヘアケア・スキンケア・ボディケアに是非活用してみてください。
初めて使う場合は、肌に合うかのパッチテストを行ってみてくださいね。
内からのケアとして食用としても使うこともできます。
その他のオイルと同様、そのまま飲んだりドレッシングにしたり、熱にも強いので加熱調理にも使えます。
オレイン酸にはお通じを良くする効果があるので、お腹がゆるくなってしまうようであれば控えてください。
ただし、酸化しにくい特徴のカメリアオイルではありますが、常温の冷暗所でふたをしっかり閉めて保管するようにしてください。

昔はどの家にも一本はあったであろうカメリアオイルですが、ヘアケアとしてのみ使っているとなかなか減りません。
でも、今日からはそんなイメージを一掃して、椿油からカメリアオイル、ヘアケアから全身ケアの万能“おしゃれ”オイルとして生まれ変わらせてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました